”お手当”という、手をかざす治療について。

特別な薬や、治療ではなく「手当て」というものについて、

今日はいい資料もあったので記述しておきます。

 

少しの体調不良などの相談には、日常の生活習慣から

食事、運動、マッサージ、などのアドバイスをすることができますが、

病院や介護施設になると、それだけではどうしようもない、

緊迫した状況やただ立ちすくしかない状況、という場面にでくわします。

 

その度に、自分のできることの限界にぶち当たることが多々あるのですが、

「手当て」の世界に目を向けると少しだけ道がひらけてきます。

 

手当の効果については、多くの研究結果でも証明されていて、

具体的な症状緩和としては以下が挙あげられます。

 

・呼吸が安定し、心拍数と血圧が低下する

自閉症の症状が改善する

・手足の冷えの改善

・疲れやイライラの改善

・不眠

・むくみ

パーキンソン病による手足の硬直の改善

アルツハイマー病による睡眠障害の改善

 

また、手当てやマッサージをするときのポイントは、

秒速5センチのスピードで触られると気持ちがよく、

もっとも副交感神経の機能が高まり、リラックス効果があるそうです。

 

メカニズムとしては、この速度で触れることにより、

「C触角繊維」と呼ばれる神経がもっとも興奮し、

その興奮は細い神経を伝って脳へゆっくりした速度で届き、

呼吸や血圧など、生きるのに必要な部分を司る脳幹や、

感情に関わる扁桃体、自律神経やホルモンの調整を司る視床下部など、

広範囲の脳部位を刺激します。

それにより体全体のホメオタシス

(体温や免疫力、血糖などすべてを一定の範囲内に保つ機能)や

アロスタシス

(ストレスを受けた時に生じる体の変化を元に戻す機能)が

一定に保たれることになります。

 

また、5分以上触れていることで。

「愛情ホルモン」オキシトシンが分泌され、

心地よさや安心感を感じられ、

より一層体や心の痛みが癒されていきます。

 

___________________________

 

人の手には、精神を安定させ、心に寄り添い、

体を癒すそんな不思議な力がある

桜美林大学教授 山口創

 

心と体が連動した手当てが、医療の出発点でありながら、

実は最終到達点だとも思うのです。

東京大学医学部付属病院循環器内科助教 稲葉俊朗

___________________________

 

全ての癒しのスタートでありゴールでもあるという、

とても簡単にできるのに忘れ去られている、

大事な”手当て”というものについて、

今度も施術と平行してもっと活かしていけたらと思っています。

 

いろいろ漬け込みながら、整理する。

1日のうちでやりたいことの半分も、

もはや1つもできないで終わる日々が続いていたのだけど、

今日は半日、自由時間を手に入れたので

日頃、消化不良になっていた

やりたいことのエトセトラを

たっぷり余すことなく片付けています。

 

まずは季節もので梅仕事。

もう毎年定番となっているので、

手間をかけずにやっつけ仕事みたいにやっちゃいます。

今年は、南高梅で梅干しと、

曽我の梅で梅味噌を漬け込みました。

あんまりたくさん作らないから、

お弁当に入れてたらすぐになくなくなっちゃうんだけど。。

大きな浸け壺みたいなのを所有しだしたら

それはそれでまずいのでジップロックかタッパーで。

 

さらに今日は横浜中華街で、

福島県で作られたの無添加キムチパウダーが手に入ったので、

おうちにあるお野菜数種類を漬け込み。

辛いものが最近のラインナップに増えてきて、

スパイスとか、唐辛子とか、

発汗作用と代謝に効くものでいっぱいに。

ちょっと刺激がない今の人生にはぴったり。

 

そして最近ハマりにはまっているローチョコレートを

取り憑かれたように作ります。

最近のおやつはすっかりナッツ、になっているので、

常備ナッツと、カカオとココナッツオイルで作れる

とっても簡単なローチョコをストック。

 

さらにいつも気になっていたそら豆を思い切って手に入れて、

そら豆スープを作ります。

あまり普段使わない食材は、いつも少しわくわくします。

 

最後にきのこカレーを作って、

明日のお弁当の準備をして、って、、

料理したかっただけなのか!!

 

本当は、別のこともあったような、、

英語の勉強もしなきゃいけないし、

新たなライセンスも取る手はずだし、

海外にも、どこか旅立たなければいけないし。

 

そうはいっても日本も同時進行で。

気をぬくと、見れてないところの気が悪くなったりして、

浄化しにいかなきゃいけなかったりと、

何もしてないのに、気だけはいつもテンパっていて

いつだって心休まることができない私。

 

それでも、あるものがあるべく形に収まっていく光景は、とても爽快。

梅は梅干しに、梅味噌は梅味噌に、

野菜はキムチに、豆はスープに、と。

とても心地よい収まり方を各々がしてくれるので、

それを見ているだけで私はなんだかうれしくなります。

 

こうやって一つ一つが

あるべきところに収まっていくスタイルは

私の目指す方向性に限りなく近しいもので、

とても深い安堵感を与えてくれます。

ただ、料理しているだけではないんです。

適材適所、最もその時にふさわしいものが

ふさわしい場所に収まることの素晴らしさを。

 

これはデザインをやっている人間ならではの

思考回路なのかもしれないけれど。

 

あるものでベストが生まれる、ということが

常にミッションになっている私にとっては、

うちにある食材で、ベストが生まれるということが

一つのミクロ世界を成立させてもいるもので。

 

そうこうしていろいろ片付くと思考回路もスッキリ!

クエン酸スプレーも作ってお掃除しだしたりして、

長崎から届いたルルドの水が心を浄化してくれたりして。

 

そうやってあれこれしているわけだけど、

実はいま1つの修行みたいになっています。

今は、誰かの為にやらないこと、自分のためにやることを

努めて意識しています。

実はそれが、私なかなかできなくて、

人のためにと垂れ流しの人生を送り続けてしまっていた部分を

うまく改善したいとトレーニング中です。

 

本当は、自分のためにあれこれ作って自分で食べるなんて!!

って罪悪感でいっぱいなのに、これが普通なんだと言い聞かせています。

だって、自慢じゃないけど、

私の生き方はもはや病気になっちゃうもんね。

 

自分で作ったものを自分で食べながら、

国連UNHCRを通じて、

命を落としそうな子供達に寄付をさせてもらい、

カンボジアの24時間病院を支援したりすることで、

自分の中でうまく整合性を保ってる。

 

自分のために生きること、

人のために生きること、

どっちも大事だって。

どっちも出来なきゃいけないって、

自分に言い聞かせて過ごしている、

そんなアンバランス極まりない心を、

うまく釣り合わせて過ごす、そんな日々が続いています。

ストロベリームーンと聞いて、心に思うこと。

2017.6.9がストロベリームーンがみられると少し話題になっていたけれど、

結局マルウェアのトラブル対応で疲れ切って、

見る余裕もなかった私ですが、、

 

月のことになると、気になることがたくさんあります。

私はもともと月と太陽、両方の星を持っていて、

太陽のように人を明るく照らし出すこともするし、

月のように誰も知らない悲しみや苦しみをじっと見守って、

とことん向き合うこともします。

 

私は前世で月様、と呼ばれる神様だったことがある、

と言われたことがあって、

まるで竹取の翁みたいな、、って思っていて、

今世では誰とも結婚したり子供産んだりしない人生なのかもしれないと

いつも月の話になるとそう思い耽ります。

 

月とは縁が深いこともあって、

誰にも言えない苦しみがあっても

ふと空を見上げるとお月様は見守ってくれていて、

それだけで何か救われたような気がして、、

その存在が愛情深く、とても特別なものであることをひしひしと感じています。

 

どうして私は、また人間になって生まれてきたのかな、、

と思うこともあるけど。

こうやって地球にいなければ学べないことはたくさんあるみたいで、

きっと上から見守っているだけではもどかしかったり

もっと手を施したかったり、

自分の魂を磨きたかったんですよね、きっと。

 

だけどもう私も随分とご老体で、

気持ちばかりはあるのに、

体が全く言うことを聞いてくれなくなりました。

ご老体のせいももちろんあるけど、

きっと生き方に無理がありすぎたんだな、と

反省も多くて。

それなのに皇室関係の人たちは私の疲弊をフォローするように動いてくださるし、

私の仲間たちも私をそっとしてくれて、

そのままの私を優しくフォローしてくれています。

本当にありがとう。。

元気になったらまたいっぱい鶴の恩返しします。

 

最近はちゃんと自分と向き合う時間をたっぷりとって、

自然と元気が出るようにと、その時をまっています。

 

前世療法ってアーユルヴェーダ特有のものだけど、

アーユルヴェーダ関連の人で

前世療法に特化している人にはまだあったことがありません。

私の場合かなり前世が多いので、対処方法とか、

近しい関係にある人だったりすると自分以外でも

カルマのこととかおのずとわかるのだけど、

領域が特殊でまだまだマニアックですね。

 

ただ、この前世療法は自然療法と地続きになっていて、

身体や環境を改善しても決して解決できない領域、

何か目に見えない力に阻まれて前に進めない時には、

必ずこの前世と霊界の話が待ち構えています。

 

誰にでも必要、というわけではないのですが、

魂レベルの深い人であればあるほど、

過去世の因縁というものは深いものですね。

 

先祖を辿ると必ず戦や争いで誰かを苦しめている人たちがいます。

歴史を学べばそのことは明らかで、

苦しんでなくなった魂、というものは長く癒されないまま

人を恨む心を持ってしまいます。

 

それは生きていても起こり得ることなのだから、

この世界においてはやむおえないことだと思います。

 

少し話が飛んでしまいましたが、

前世療法についてはアーユルヴェーダ関係の人たちも

とても興味を持って聞いてくれていて、

腑に落ちるところも多いみたいです。

 

私たちの魂が目指すところはもうきっと見えているのに、

いつだって、それを貫くのは難しいし、何度も迷って進めないでいる。

そんな自分をもっと観察して、渇望しないことだって、

ヴィパッサーナで教えていただいた知恵のことを、

深く思い返す、そんな満月前後の日々でした。

 

 

 

 

 

 

アーユルヴェータ流 髪と頭皮のケアのこと

いろんなジャンルの問題を

自然療法とアーユルヴェーダのアプローチから試みていますが、

今回は髪と頭皮のお話。

 

アーユルヴェーダの考え方を基軸にすると、

いろんな環境と体質の人がいるので

一概にこれがいい!とオススメしても

その人に合っていなかったり、

状況や環境が変わっていたりすると効果が出ない可能性がある、

ということを常に視野に入れています。

 

一つ一つ、原因と考えられるものの対策をして、

要因を確実に一つ一つ潰していく、

これが私のアーユルヴェーダ流対症療法です。

 

まず、髪と頭皮のケアにいいとされるものについて、

一般的な食事で摂れるものと、

少し一般的ではないけれど効能の高いもの、

ネットで手に入るものから

キッチンにあるもので自分で作れるものなど、

ひとしきりアプローチでトライアンドエラー

身体に不足していたものがぴったりはまると、

抱えている問題は次第に解決されていきます。

 

●食事

【栄養素】

良質なタンパク質

オメガ3脂肪酸

各種ビタミン

ミネラル

 

【食品】

・海藻(わかめ、のり、ひじきなど)

・卵

・青魚

・クルミ

・牡蠣

・ダークチョコレート

・アムラ

・ヨーグルト

・人参

・ブルーベリー

 

●毎日の習慣

・太白ごま油うがい

キュアリング、といって太白ごま油を人肌に温めたものを、

大さじ一杯ほど口に含んでガラガラと、うがいをします。

そのあと口の中でぐちゅぐちゅした後、ティッシュなどに吐き出します。

 

毎朝、タングスクレーパーなどで舌の舌苔のお掃除をして、

歯磨きをした後に行うようにすれば、

口臭の原因となる口内細菌を減らせる上に、

血液の汚れや酸化鉄、ビタミンE、B群も多く、

抜け毛や白髪を防いでくれます。

また、肌をつややかに保ち、脳細胞を生き生きと働かせ、

血管の掃除をして老化も防いでくれます。

 

さらにごまには抗酸化物質であるゴマリグナンという成分が

含まれていて、髪の成長に影響する女性ホルモンのエストロゲンが減少すると

白髪にも影響してくるのですが、このエストロゲンに似た性質を持ったものが

ごまに含まれるゴマリグナンなのです。

舌の裏は吸収率が良いため、ごま油を口に含むことで

効率良くゴマリグナンを吸収し白髪を予防してくれます。

 

太白ごま油うがいについては、

こちらのリンクを参考にしてくださいね。

 

macrobiotic-daisuki.jp

 

●ヘアパック

・「ウミノメグミ」 ニーズ

髪に潤いとツヤを与えてくれる

即効性の高いプロダクトはニーズさんの「ウミノメグミ」ヘアパックです。

ネットなどで購入出来るので、是非入浴の際にこちらを使ってみてください♪

沖縄・フランス・北海道の海の恵みがたっぷり詰まった海泥ヘアパックで、

使ってすぐに効果がわかります。

 

・はちみつとオイルのヘアパック

純粋はちみつとオイルを適量髪に塗って、

タオルなどで巻いて入浴して蒸しタオルにします。

その後、いつも通りシャンプーをして洗い直すと驚きのサラサラ髪に!

 

オイルはオリーブオイル、太白ごま油、椿オイルなど

お好みのものでお試しください♪

 

・ヘナ、アムラ、シカカイ

あまり聞き慣れた言葉ではないかもしれませんが、

アーユルヴェーダで美髪にもっとも効果が高いと言われるハーブです。

あまり手に入りにくいかもしれませんが、

ハーブやパウダーで購入でき、パウダーシャンプーを使ったり

これらの入った石鹸やシャンプーで

髪を洗うことでより美しく健康な髪になります。

 

・ハイビスカス、カシスオイル

真っ赤な色をしたオイルをみたことがあるでしょうか。

こちらもアーユルヴェーダ特有のオイルに含まれています。

シャンプー前に頭皮をマッサージすることで、

健康な頭皮に導いてくれます。

 

こんなアイテムを、気持ちいいなと思うものから、

可能な範囲で試してみてくださいね♪

素敵な変化が生まれてくるはずです。

あなたの腕の中で生き絶えたい、、というイメージ

勢いづいて復活させたブログ。

 

今日はどこから書き綴ろうかって、

1日のうちであれこれ考えて、

書きたいと思ったことは

自分が死に絶える瞬間のことだって。

 

生まれてきて、いろんなことがあって、

きっとこれからもいろんなことがあると思うけれど。

 

私は自分が死ぬ瞬間のことを、

そのとききっとあたたかな温もりの中で包まれていたいと、

そんな願いがいつのまにか生まれていたことに気づいて。

 

途中に起こることは全て流れ去って、

つらいことも悲しいことも、嬉しいことも

全部溶け合って、

私はまたこの世界と一つになることができる。

大切な人の温もりの中で。

 

そう思うととても安らかな気分になれた。

誰かがそっと、最期のイメージを教えてくれた。

 

 

東京スカイツリーでの能✖️VJステージ

先週末、東京スカイツリーでやっていた

能✖️VJステージを食い入るように観賞してきた。

何というか、やっぱり少し軽さが入るだけで

日本の伝統芸能が極めてかっこいい。

 

ステージは1日に3回上映で

現場は満席で立ち見オーバーだった。

初回を見ようと意気込んでいたのに

身体の気だるさがたたって見逃し、

そのあと日本橋小伝馬町でのイベント

「本のインド、インドの本」に立ち寄ろうと思っていたのと、

東京ステーションギャラリーのアドルフ・ヴェルフリの展覧会を、

上智大学西洋美術史に詳しい大学教授と見にいく約束があったので、

夜の回にまた舞い戻ってくる形でようやく念願かなった。

 

去年、明治座「SAKURA」のチケットをいただき、

歌舞伎とアニメオタクが融合した衝撃的な舞台を見てからというもの、

日本の伝統芸能とデジタルの相乗効果におののいていて、

 

今年の目標が舞台、でもある私にとってはずっと課題となっている領域。

 

そして少しずつだけれど、

そのコンセプトを形に落としつつある今。

 

去年、鹿児島の知覧特攻平和会館を訪れてから、

4人の天女が特攻部隊として燃え尽きた一人の魂を救い上げる、という、

痛みへの痛みが胸を貫く絵画が私の心を捉えて離さなかった。

その強いインスピレーションが、次なる衝動を揺さぶった。

 

絵画ではなく、舞で伝えたい、と。

 

特に踊れるわけでもない私は、和歌山県龍神村にいた

片割れの友、巫女でもあり草木染め作家でもある友人にオファーをかけた。

琵琶の音色とともに、その悲しみ、魂の美しさ、

懸命に生ききるということが一体どういうことなのかを

自身とこの世界に問いかけたい、とそう思った。

 

私の直感で、必要な人に声をかけて話をしたところ、

幸いにもみんな面白そう、とすごく興味を持ってくれた。

 

私が話す大概の企画はおおよそみんなありがたいことに

面白そう、と言ってくれる。

そう、企画はできるけど、

その先が修羅場のようにいつも難関。

 

オリジナル、をやることに意味を見出す私にとって、

オリジナル、を実現することは途方もないことであることを

芸術界の人間であれば誰でも知っている。

 

走り出したらどこも削れない、効率化も省略も出来ない。

イメージが完璧に体現されなければ意味がないことを本能的に知っている。

 

だから思考回路が究極にシンプルになるまでずーっとずーっと待ち続ける。

そのあとが大変なのを身を持って知っているから、

動かざる追えなくなるまで、搾り取れるものは全て搾り取り

削ぎ落とせるものは全て削ぎ落とす。

それはストイック、というよりも、ここでしか対策が打てないことを

過去の経験からわかっているからだと。

 

一本の研ぎ澄まされた無駄のない光の道に、

どれだけの想いを救い、どれだけの価値を見いだせるかということに

全身全霊をかけて、あらゆるケーススタディを想定する。

 

そうやって、前に進んだプロジェクトは迷いなく強い。

そうやって、研ぎ澄まされた私の感覚も実は、

計測できないほど尋常ではない域に達している。

 

 

スーパーマンになった気分になる一方で。

ずっと、ずーっと書くことが山積みにも関わらず、

億劫だったのか、頭の中がまとまっていなかったのか、、

色々思い当たる節はあるけれど、

重い病気のように言葉を綴ることができなくなっていた。

 

記述することが、大きな変化になるとも思えないのだけれど、

自分が感じたことを言葉にする、ということは

まぁ、何か、

一つ一つ節目を過ぎるような感覚にもなるし、

あまり深く考えないで、

山積みだったものを積み下していこうと。

タスクにすると1日5記事くらい書かないといけないような

壮大なジャンルと切り口ではあるけれど。。

 

ITで、クリエイティブを一通りやって、

マーケティングもやって、マスメディアもやって、

ECも運営して、インフラ整備して、コンサルやって、

トラブルシューティングして、

企画立案とかイベントプランニングして、

対外交渉とか営業とか、売り込みとか、販売とかもやりつつ、

社内の総務的なことも隅々まで片付けられるようになると、

おそらく会社が立ち上がって軌道にのるまでに起こる

大概のことにオールマイティに対処できるようになっている。

 

あまり、この人がいないと話が進まない、

ということは自分の身にはほとんど起こらなくなり、

誰かが不在の時でも、

大概のことが、独断で判断対応しても

ベストな解決策と対応ができるようになっている。

 

こういう風になってしまうと、

まるで自分がスーパーマンなんじゃないかと思うような

勘違いもおこってくる。

 

あくまで、私の管轄しているエリアでは、

大概の問題は解決できる、というだけの話。

 

どう逆立ちしてもできないことを上げ始めれば、

家のリノベが出来ない。

高度なプログラミング言語が書けない。

鶏を捌けない。

野菜を均等にきれない。

とか、あんまり問題でもないかもしれないけど

誰かの手を借りないと進まないことは実は結構ある。

 

それでも機転の効くこの頭は、

根本的解決ができる、ということに

ベクトルがしっかり向いているので、

結局のところ誰の手も借りなくても

物事が進んでいったり、うまくいけば最小ルートで

あらゆる問題解決が出来たりしている。

 

つまり、私は究極のエコを知っていて、

なおかつ幸せだ、ということなのでしょうか。

幸せって、困らないこと?

十分に事足りている、って感じることはきっと

ある意味必要なことではあるけれど、

こんなに完結できてる人生は、、

果たしてどこかでもしくはどこで、

トラップか何かに引っかかってしまうのでは。

 

だけど、この土台がなければ私の引っ張り上げている問題を

一つ一つ最小のリスクで進めていくことすら出来ないことを

直感でわかっているため、今はありがたがっておこうと、

感謝を綴ることから再スタート。