アロマを使った有効な認知症ケアの手法

認知症に効くアロマの記事で、

ローズマリーカンファー、レモン、

夜ラベンダー、オレンジ

の組み合わせに効果があると以前記載しましたが、

その件に関して相談を受けました。

 

相談内容は、親が介護施設に入っていて、

昼夜用アロマを送ったのだけど、

自分でちゃんとケアできず、

せっかく送ったのに使ってもらえていない、、と相談を受けました。

 

私はケアワーカーとして、

アロマセラピーを導入していきたい立ち居ににいるので、

こういったお悩み相談はよくわかります。

高齢の方で認知がある場合は、

まず自身でアロマケアの管理をする事は難しいです。

ましてや、施設内のケアワーカーにアロマ管理をお願いする、

というのも実は大変難しい状況です。

 

アドバイスとしては、

アロマペンダンドは自分でアロマ補充できなければ効果を出すのは難しい。

オイルとミックスして、足裏やヘッドマッサージなどをして

直接アロマを添付できるのが一番効果が期待できるけれど、

施設などで生活していて遠方の場合はこちらもケアが難しい。

入浴の際に、バスソルトとしてアロマを使用すれば毎日芳香成分を吸引することはできるけれど、こちらも施設管理の入浴の場合は指示ができないため使用できない。

 

結果として、

本人が常にアロマの香りを吸引するためにもっとも可能な方法は、

個室内でアロマディフューザーを設置して、昼夜で施設で管理していただく、

施設管理が難しい場合、

香油や、練りお香としてクリームにしたものを本人が添付するか、

石鹸やシャンプーなど定期的に地肌につけるものに

アロマを使ったものを使用する方法のみが残る形となりました。

 

選択肢としてはかなりシビアなものしか残らないことになっています。

まめに面会が可能な場合はその際に、マッサージや芳香、アロマスプレーなどを

しようすることは可能ですが、

遠方にいる場合はアロマケアを継続するのは難しいのが現状です。

 

介護施設アロマテラピーを積極的に導入していれば話は別なのですが、

人手不足な上に、そういったケアにまで十分な手が行き届いているところはとても少ないです。

 

 

別の方法として、

認知症の原因の一つでもある脳内血流を改善する、という方法があります。

アーユルベーダハーブでもある、バコパモニエラ、ゴツゴラ、ギンコというハーブは

脳内血流を良くして脳内の記憶力や集中力をアップしてくれます。

こういったサプリメントを使用する、というのも一つの手です。

中にはアロマが苦手な高齢者さまもいらっしゃるので、

代替が可能でしたら是非お試しいただきたいサプリメントです。

 

 

また食事管理が可能な場合は、

大豆レシチン、卵黄レシチンを積極的に取り入れることで、

脳内の不足した情報伝達物質を改善することができます。

 

認知症は発症するまでに20年も前からその予兆が出ているそうです。

鼻や味覚機能の低下がその予兆の一つにもなりますので、

口内環境を常にクリアに清潔に保つための

アーユルベーダの知恵でもある、タングスクレイパーや太白ごま油うがいなど

積極的に朝週間として取り入れて行ってください。

 

今からでも、体の不調要因となるものを確実にケアしていくことで、

健康な老後を送ることのできる未来を築くことができます。

アーユルベーダは一生涯を通じて、

命を大切にお守りするための知恵の総体です。

 

できるところから是非積極的に取り入れてみてくださいね!

知恵の総体です。

メディカルアロマセラピー/4人に1人認知症予防

今や4人に1人と言われる認知症ですが、

その予防効果のあるメディカルアロマセラピーについては、多くの医療機関や研究機関が効果測定を行い、最も効果がある組み合わせが提唱されています。

中でもアルツハイマー認知症に効果のある組み合わせを昼アロマ、夜アロマで紹介しています。

 

【昼アロマ】

ローズマリーカンファー、レモン🍋

2:1

使用法:アロマペンダント、ディフューザーなど(2時間を目安)

効果:交感神経を刺激し、日中を穏やかに過ごすための精油

集中力を高める、記憶力を強化

 

【夜アロマ】

真正ラベンダー、スイートオレンジ

2:1

使用法:ディフューザーなど(2時間を目安)

効果:副交感神経を刺激し、心身をリラックスさせるための精油

不眠の改善、不安軽減を促す

 

ローズマリーは育つ環境によって含まれる成分の割合が違うケモタイプと呼ばれ、シネオール、カンファー、ベルベノン3種類に分けられます。

このうちのカンファーはスペインやクロアチアが主産地で、刺激性があり、特に神経と筋肉へ働きかけます。認知症予防改善に効果があるのがこのローズマリーカンファーです。

ローズマリーであればどれでも認知症の予防改善に効果があるわけではありません。

 

ラベンダーも様々な種類がありますが、鎮静効果が期待できるのは真正ラベンダーです。

 

また、オーガニックで栽培された原料から抽出した100%の精油を選んで使用してください。

 

禁忌

高血圧、てんかん、妊娠中の方は使用を控えてください

 

実際に試された結果、

「覚えていることが多くなった」「忘れるけれども、自分で思い出せるようになった」「何度も繰り返して聞く回数が減った」という声や、レビー小体型認知症の方は幻覚の症状が治まったという例もあるそうです。

「徘徊の数が減った」「よく眠れるようになった」など、薬ではなかなか効果が出ない場合にもアロマで効果が出るとのこと。

 

グループホームなどでは、認知症予防のアプローチとしてメディカルアロマを取り入れているところも増えてきています。

介護の問題を少しでも軽減できるよう、

是非多くの方に取り入れて頂ければと思います。

 

(参考)

「アロマの香りが認知症を予防改善する」

鳥取大学医学部教授、日本認知症予防学会理事長

浦上克哉

 

 

 

 

 

問題の水銀についてーその2仏像編

奈良の大仏の建立の際、その完成当時の大仏は全身に金メッキが施されていたそう。

当時のメッキは金と水銀を混ぜて金のアマルガム(混合物)を作り、これを塗布してから火をあて水銀を蒸発させるという手法をとっていました。

この蒸発した水銀が人体にとって有害であるため、当時の鍍金作業の際に数多くの水銀中毒者が出たのではないかと考えられています。

また、鍍金の開始から完了までには数年かかりる2500kgもの水銀が使われたといいます。

 

その間に頻繁に水銀蒸気が発生し、周囲に放出されたことは想像に難くないそうで、この水銀が河川や地下水を汚染し、周辺の農作物などに蓄積されたのではないかと言われています。

奈良の平城京は遷都後わずか70年ほどで、次の長岡京に都の地位を譲っており、それは水銀による環境汚染が理由の一つだとする意見もあるそうです。

 

もし私が課題としている、筋萎縮性障害の原因に水銀が関係しているとすれば、(すでに直感レベルで繋がっていると確信はあるのだけれど)この水銀によって汚染された水や土が和歌山まで流れて、結果として筋萎縮性障害の患者が和歌山でもっとも多いとされる所以が繋がってくる。

距離的に難しいかどうかはわからないけれど、和歌山までの熊野古道には水銀鉱山が連なっており、大仏の建立以外の経路でも何らかの環境汚染があったのかもしれない。

 

中枢神経障害につながる水銀中毒が食物連鎖によってさらに高濃度化されていたとすれば、、

 

ですが、今の医療で筋萎縮性障害が水銀を所以としていればすぐにわかるであろうことなので、もっと根深い要因が潜んでいるのかもしれません。まだまだ、調べなければいけないことが山積みです。。

エジプトの前世

エジプトの前世が二つほどあるようで、

ツタンカーメン王の因縁をかなり引きずっていました。

昨年、独自プロジェクトの一連の中で、ツタンカーメン王のマスクに使用されていたとされるラピスラズリの石をご褒美として銀座三越伊勢丹にて手に入れたことで因縁の1つは解決できたよう。

正確にゆうと、エジプト王の棺から盗まれた秘宝をようやく取り返すことが出来た、というのが正しい表現なのですが、、

 

さらに、追加して出てきたのが、なんとあのクレオパトラの話し。

美の追求、という点では似通っているけれど、

本当なのか、、

クレオパトラはエジプトコブラという神経毒作用のある猛毒を使って自殺したとのこと。

毒について大変な知識を有していたとのことで、この辺りは中国731事件の犯人リストに上がった私の前世を確かに受けついでいるのかもしれないとゾッとしましたが、、

 

今世においては多くの病や難病を治癒させるために、自らを犠牲にしつつも活動してきたことを考えるとそれもまた罪ほろぼしのような、カルマを背負って生まれてきたのだと納得です。

 

どんな過去世であっても、受け入れることで反省し、罪を償って行くことが大事ですね。

絡まった糸を紐解くうちに、誤解や冤罪なども多々あり、誰に弁明することもできないままですが、、

ようやく全ての前世のカルマを滅したとお告げがありましたので、これからは自分らしくもっと貢献できるよう奮闘したいです!

 

一つ一つめを背けたいような事実から、逃げずに向き合うことで、困難から一つづつ脱却してきました。

私は生まれた時にはとても自分の望みを叶えられるような運命にはなかったそうです。

今まで積んできた必死の善徳がようやく今を救ってくれるようになったんです。

 

カルマと向き合うことは、簡単なことではありませんが、近しい存在の人には的確にアドバイスも出来るようになりました。

 

こんなマニアックな情報でももし誰かの役に立てるとうれしいのです。

問題の水銀についてーその1 不老不死の伝説

はじめて中国を統一した秦の始皇帝

不老不死を求めていたという伝説があり、

仙薬の探索を命じていた。

 

錬丹術によって不老不死の秘薬とされたのが丹薬であり、これには水銀が用いられていました。その理由は、水銀が不死の象徴と考えられていたからだそう。

その所以は水銀の性質にあり、常温では液状であるが、300度で加熱すると赤い酸化第二水銀となる。さらに加熱を続けると黒色になり、その後も加熱すると水銀に戻るというから。

古代の中国人は、この変化しながらも循環する水銀の性質に不偏性を感じ、これを取り込むことで不老不死になろうとした、とのこと。

 

丹薬の原料である水銀は、酸化水銀であろうが、硫化水銀であろうが、どれも猛毒。

それを原料とした丹薬を飲み続ければ、当然命を縮めることになる。

 

水銀中毒の特徴としては、中枢神経障害、手足の震え、不眠症、記憶力と集中力の低下、不安感、唾液の過剰分泌など。

 

唐には20人ほどの皇帝がいて、そのうち6人が丹薬で死んだとされている。

 

アーユルヴェーダでも中世までこの水銀が用いられていたそうで、健康に結びつくはずのないこの物質がなぜ一時期において使用されていたのか。

日本における水銀鉱山の情報は、京都舞鶴、岐阜飛騨、和歌山熊野古道と続いており引き続き、さまざまな病気と結びついていることに気付きはじめ、歴史を学ばなければこの問題は解決出来なさそうです、、

 

筋萎縮性測索硬化症の治療に関する研究ももう少し続きそうです。

 

 

アーユルヴェーダ流パワーストーン活用法

色んな心身の状態のカウンセリングを続けていると、アロマはダメ、とか食事に制限のある人などさまざまな悩み解決のための壁にぶつかります。

 

個々のケースに細やかに対応する必要があるworldstandard流アーユルヴェーダでは、そういった場合に対応できるように、いくつも代替えが可能な方法でアプローチします。

 

パワーストーン活用法は、そのうちの一つ。

兼ねてからアーユルヴェーダでも石の活用は重要視されてきました。

食べ物制限のある方やアロマなどの芳香が苦手な方、マッサージなどが受けられない方への手段として、是非ファッションの一部として取り入れて頂けるとうれしいです。

 

 

【健康と長寿】

パール、クリスタル、ビルマヒスイ、ペリドット

緑の色味が爽やかな組み合わせ。

これをつけることで、「悪いことを考えなくなった」「食欲が抑えられダイエットに成功」という方も。

f:id:worldstandard2020:20180422162049j:image

 

【子宝】

レッドルチルクォーツ、クラック、水晶オーラ、ブルームーンストーン、マザーオブパール

女性としての魅力や母性を高めるマザーオブパールやブルームーンストーン、子宝運をアップさせるレッドルチルクォーツの組み合わせ。家庭円満にも!

レッドルチルクォーツは「身につけて2ヶ月で妊娠した」という方もいるほど、夫婦和合、子宝運アップのパワーがとても強い珍しいストーンです。

f:id:worldstandard2020:20180422164030j:image

 

 

【癒し】

ラリマー、アクアオーラ、パール、クリスタル

 

愛と安らぎを与えるラリマーに、浄化力の強いアクアオーラや美と長寿の象徴パールの組み合わせ。凉やかな青が癒しパワーをアップしてくれます。

世界三大ヒーリングストーンのひとつラリマーの癒しパワーは強く、「不眠が解消された」「前向きな気分になれた」などの声も!

f:id:worldstandard2020:20180422162648j:image

 

【金運】

ルチルクォーツ、ゴールデンオーラ、タイガーアイ、レモンクォーツ

金運アップの代名詞ともいえるルチルクォーツとタイガーアイを軸に据え、知恵の石レモン水晶と才能開花の石ゴールデンオーラの組み合わせ。

f:id:worldstandard2020:20180422163145j:image

 

【直感霊感】

スギライト、パール、クリスタル、アメジストオーラ

三大ヒーリングストーンスギライトに、霊感を呼び覚ますアメジストオーラ、パールの組み合わせ。あなたの中に眠る直感力が目覚めるはず。「くじ運が良くなった」「勘が鋭くなった」など!

f:id:worldstandard2020:20180422163540j:image

 

ブレスレットやネックレス、ピアスなど手作りするのも楽しいですね!

是非みなさんも試してみてくださいね!

 

 

 

 

”お手当”という、手をかざす治療について。

特別な薬や、治療ではなく「手当て」というものについて、

今日はいい資料もあったので記述しておきます。

 

少しの体調不良などの相談には、日常の生活習慣から

食事、運動、マッサージ、などのアドバイスをすることができますが、

病院や介護施設になると、それだけではどうしようもない、

緊迫した状況やただ立ちすくしかない状況、という場面にでくわします。

 

その度に、自分のできることの限界にぶち当たることが多々あるのですが、

「手当て」の世界に目を向けると少しだけ道がひらけてきます。

 

手当の効果については、多くの研究結果でも証明されていて、

具体的な症状緩和としては以下が挙あげられます。

 

・呼吸が安定し、心拍数と血圧が低下する

自閉症の症状が改善する

・手足の冷えの改善

・疲れやイライラの改善

・不眠

・むくみ

パーキンソン病による手足の硬直の改善

アルツハイマー病による睡眠障害の改善

 

また、手当てやマッサージをするときのポイントは、

秒速5センチのスピードで触られると気持ちがよく、

もっとも副交感神経の機能が高まり、リラックス効果があるそうです。

 

メカニズムとしては、この速度で触れることにより、

「C触角繊維」と呼ばれる神経がもっとも興奮し、

その興奮は細い神経を伝って脳へゆっくりした速度で届き、

呼吸や血圧など、生きるのに必要な部分を司る脳幹や、

感情に関わる扁桃体、自律神経やホルモンの調整を司る視床下部など、

広範囲の脳部位を刺激します。

それにより体全体のホメオタシス

(体温や免疫力、血糖などすべてを一定の範囲内に保つ機能)や

アロスタシス

(ストレスを受けた時に生じる体の変化を元に戻す機能)が

一定に保たれることになります。

 

また、5分以上触れていることで。

「愛情ホルモン」オキシトシンが分泌され、

心地よさや安心感を感じられ、

より一層体や心の痛みが癒されていきます。

 

___________________________

 

人の手には、精神を安定させ、心に寄り添い、

体を癒すそんな不思議な力がある

桜美林大学教授 山口創

 

心と体が連動した手当てが、医療の出発点でありながら、

実は最終到達点だとも思うのです。

東京大学医学部付属病院循環器内科助教 稲葉俊朗

___________________________

 

全ての癒しのスタートでありゴールでもあるという、

とても簡単にできるのに忘れ去られている、

大事な”手当て”というものについて、

今度も施術と平行してもっと活かしていけたらと思っています。