読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの腕の中で生き絶えたい、、というイメージ

勢いづいて復活させたブログ。

 

今日はどこから書き綴ろうかって、

1日のうちであれこれ考えて、

書きたいと思ったことは

自分が死に絶える瞬間のことだって。

 

生まれてきて、いろんなことがあって、

きっとこれからもいろんなことがあると思うけれど。

 

私は自分が死ぬ瞬間のことを、

そのとききっとあたたかな温もりの中で包まれていたいと、

そんな願いがいつのまにか生まれていたことに気づいて。

 

途中に起こることは全て流れ去って、

つらいことも悲しいことも、嬉しいことも

全部溶け合って、

私はまたこの世界と一つになることができる。

大切な人の温もりの中で。

 

そう思うととても安らかな気分になれた。

誰かがそっと、最期のイメージを教えてくれた。

 

 

東京スカイツリーでの能✖️VJステージ

先週末、東京スカイツリーでやっていた

能✖️VJステージを食い入るように観賞してきた。

何というか、やっぱり少し軽さが入るだけで

日本の伝統芸能が極めてかっこいい。

 

ステージは1日に3回上映で

現場は満席で立ち見オーバーだった。

初回を見ようと意気込んでいたのに

身体の気だるさがたたって見逃し、

そのあと日本橋小伝馬町でのイベント

「本のインド、インドの本」に立ち寄ろうと思っていたのと、

東京ステーションギャラリーのアドルフ・ヴェルフリの展覧会を、

上智大学西洋美術史に詳しい大学教授と見にいく約束があったので、

夜の回にまた舞い戻ってくる形でようやく念願かなった。

 

去年、明治座「SAKURA」のチケットをいただき、

歌舞伎とアニメオタクが融合した衝撃的な舞台を見てからというもの、

日本の伝統芸能とデジタルの相乗効果におののいていて、

 

今年の目標が舞台、でもある私にとってはずっと課題となっている領域。

 

そして少しずつだけれど、

そのコンセプトを形に落としつつある今。

 

去年、鹿児島の知覧特攻平和会館を訪れてから、

4人の天女が特攻部隊として燃え尽きた一人の魂を救い上げる、という、

痛みへの痛みが胸を貫く絵画が私の心を捉えて離さなかった。

その強いインスピレーションが、次なる衝動を揺さぶった。

 

絵画ではなく、舞で伝えたい、と。

 

特に踊れるわけでもない私は、和歌山県龍神村にいた

片割れの友、巫女でもあり草木染め作家でもある友人にオファーをかけた。

琵琶の音色とともに、その悲しみ、魂の美しさ、

懸命に生ききるということが一体どういうことなのかを

自身とこの世界に問いかけたい、とそう思った。

 

私の直感で、必要な人に声をかけて話をしたところ、

幸いにもみんな面白そう、とすごく興味を持ってくれた。

 

私が話す大概の企画はおおよそみんなありがたいことに

面白そう、と言ってくれる。

そう、企画はできるけど、

その先が修羅場のようにいつも難関。

 

オリジナル、をやることに意味を見出す私にとって、

オリジナル、を実現することは途方もないことであることを

芸術界の人間であれば誰でも知っている。

 

走り出したらどこも削れない、効率化も省略も出来ない。

イメージが完璧に体現されなければ意味がないことを本能的に知っている。

 

だから思考回路が究極にシンプルになるまでずーっとずーっと待ち続ける。

そのあとが大変なのを身を持って知っているから、

動かざる追えなくなるまで、搾り取れるものは全て搾り取り

削ぎ落とせるものは全て削ぎ落とす。

それはストイック、というよりも、ここでしか対策が打てないことを

過去の経験からわかっているからだと。

 

一本の研ぎ澄まされた無駄のない光の道に、

どれだけの想いを救い、どれだけの価値を見いだせるかということに

全身全霊をかけて、あらゆるケーススタディを想定する。

 

そうやって、前に進んだプロジェクトは迷いなく強い。

そうやって、研ぎ澄まされた私の感覚も実は、

計測できないほど尋常ではない域に達している。

 

 

スーパーマンになった気分になる一方で。

ずっと、ずーっと書くことが山積みにも関わらず、

億劫だったのか、頭の中がまとまっていなかったのか、、

色々思い当たる節はあるけれど、

重い病気のように言葉を綴ることができなくなっていた。

 

記述することが、大きな変化になるとも思えないのだけれど、

自分が感じたことを言葉にする、ということは

まぁ、何か、

一つ一つ節目を過ぎるような感覚にもなるし、

あまり深く考えないで、

山積みだったものを積み下していこうと。

タスクにすると1日5記事くらい書かないといけないような

壮大なジャンルと切り口ではあるけれど。。

 

ITで、クリエイティブを一通りやって、

マーケティングもやって、マスメディアもやって、

ECも運営して、インフラ整備して、コンサルやって、

トラブルシューティングして、

企画立案とかイベントプランニングして、

対外交渉とか営業とか、売り込みとか、販売とかもやりつつ、

社内の総務的なことも隅々まで片付けられるようになると、

おそらく会社が立ち上がって軌道にのるまでに起こる

大概のことにオールマイティに対処できるようになっている。

 

あまり、この人がいないと話が進まない、

ということは自分の身にはほとんど起こらなくなり、

誰かが不在の時でも、

大概のことが、独断で判断対応しても

ベストな解決策と対応ができるようになっている。

 

こういう風になってしまうと、

まるで自分がスーパーマンなんじゃないかと思うような

勘違いもおこってくる。

 

あくまで、私の管轄しているエリアでは、

大概の問題は解決できる、というだけの話。

 

どう逆立ちしてもできないことを上げ始めれば、

家のリノベが出来ない。

高度なプログラミング言語が書けない。

鶏を捌けない。

野菜を均等にきれない。

とか、あんまり問題でもないかもしれないけど

誰かの手を借りないと進まないことは実は結構ある。

 

それでも機転の効くこの頭は、

根本的解決ができる、ということに

ベクトルがしっかり向いているので、

結局のところ誰の手も借りなくても

物事が進んでいったり、うまくいけば最小ルートで

あらゆる問題解決が出来たりしている。

 

つまり、私は究極のエコを知っていて、

なおかつ幸せだ、ということなのでしょうか。

幸せって、困らないこと?

十分に事足りている、って感じることはきっと

ある意味必要なことではあるけれど、

こんなに完結できてる人生は、、

果たしてどこかでもしくはどこで、

トラップか何かに引っかかってしまうのでは。

 

だけど、この土台がなければ私の引っ張り上げている問題を

一つ一つ最小のリスクで進めていくことすら出来ないことを

直感でわかっているため、今はありがたがっておこうと、

感謝を綴ることから再スタート。

 

タバコをやめたい?〜シンプルに禁煙する方法〜

大事な人がタバコを吸っていると少しだけ気になりますよね。

 

イライラしてるのかな、、とか

リラックスさせてあげたいな、、とか

どうしてタバコが必要なのかな、、とか

 

必要以上に色々考えてしまいます。

 

本人が好きで吸っているのだから、

自由にしたらいいって思うのだけど、

中にはとても重大な病気になったにも関わらず、

タバコが辞められなくて、

自分の身体をますます悪化させている人もいたりして。。

 

そんな姿を見ると、どうやったらタバコ以外のもので

解決できるかな、、と考えてしまい

せっせと情報を探していたところ、、ありました!素敵なページが!

【月刊いんどアーユルヴェーダ新聞】No.119 (2013年1月20日発行) | 【月刊いんどアーユルヴェーダ新聞】 - メルマ!

 

アーユルヴェーダ流、シンプルに禁煙する方法です!!

愛あるゆえのご提案!!

 

<体が喫煙を減らす習慣にうまく対処できるようにするための、いくつかのよい方法>

 

酸性食品は、ひかえめにし、食事の中にアルカリ性食品を増やしましょう。

 これは、舌にある味蕾(みらい)の食品への好みを変え、

 中毒性のある味から離れることに適応する助けとなります。

 

 レーズン、ビーツ、ライマメタンポポなどのような食べ物は、

 タバコをやめたい人たちにとてもよい食べ物です。

 

 

*ビタミンCをたっぷりととります。

 これは、体を強化することを助けるホルモンを増やします。

 オレンジジュースかグレープフルーツジュースを、一日2回飲みましょう。

 

 

*甘い食べ物もまた、喫煙への衝動を減らすのに少し役立ちます。

 ハチミツを食事の中にたっぷりと使いましょう。

 

 

*食事の中には、タンパク質、アミノ酸、他のビタミン類をたっぷりと入れましょう。

 

 

*食事とするときはいつも、グラス1杯の水にベーキングソーダをティースプーン1杯分加えたものを一緒にとりましょう。

 

 これは、食事を適切に消化することを助けるばかりでなく、

 食後の喫煙への衝動をも減らします。

 

 

 

●●「喫煙をやめるための家庭薬」●●

 

*喫煙したい衝動にかられた時はいつでも、何か塩味のものを食べるか、

 または舌の先に少量の塩をつけてなめます。

 すると、タバコへの渇望は消えてなくなります。

 

(ちなみに塩は「皇帝塩」が一番おすすめです!!)

 

 もしあなたが、タバコが吸いたくなったらいつもこれを実行するなら、

 中毒は完全に治ります。

 

 

*大根をおろし、汁をしぼります。

 この汁に、ハチミツをいくらか混ぜます。

 このハチミツ大根おろし汁を、一日二回とります。

 

 これは、喫煙に抵抗するための体の頑強さを育てるのに、よい薬となります。

 

 

*リコライススティック(甘草から作られた黒い棒)は、

 喫煙者にとって擬似薬効果があり、気休め薬になります。

 喫煙者は、口に何かを入れておくことが好きです。

 

 なので、いく人かの専門家は、リコライススティックを

 切って口の中に入れることを提案しています。

 

 リコライススティックは、タバコの代用品になる安全な物です。

 

 また、喫煙への衝動を減らすために、

 口の中にチョコレートを少し入れることも役立ちます。

 

 しかし、チョコレートの食べすぎは、また別の健康問題をつくるので危険です。

 

 

*サトウキビは、タバコの一つの代理品になります。

 

 サトウキビは大変無害で、その甘味が喫煙への衝動を減らす役に立ちます。

 

 

*アロマオイルや香料は、喫煙者にとてもよいものです。

 アロマテラピーオイルでのマッサージは本当に、

 喫煙者の衝動を本当に遠くへ跳ね飛ばすことができます。

 

 

*周りに何もないときは、タバコへの渇望を止めるための特定の

 呼吸セラピーを実行することを、専門家は提案しています。

 

 タバコが吸いたくなったら、静かな場所へ座ります。

 深いゆっくりとした呼吸を10回行ないます。

 これをしているうちに、あなたの呼吸器系は刺激されます。

 これは、タバコへの衝動をゆっくりと去らせます。

 

 

カモミール、ペッパーミントなどのハーブもまた、

 喫煙への衝動を抑えるのにとても有益です。

_______________________________________

 

 

どの方法も、毎日の生活に簡単に取り入れられるので、

本人に強制しなくてもこっそり禁煙アプローチも可能ですね!!

 

しっかりと頭に入れて大切な人の心と身体を守りたいな、、

アーユルヴェーダの知恵本当に助かります!!もっと勉強しなくちゃですね。。

 

アプローチ結果、期待できるといいな♪

 

新たなる始まりの日。

水とともに生き、水とともに流れ、

水とともにこの世界が光に映し出されるその姿を。

 

旧新年あけましておめでとうございます。

 

土に眠る多くの種子たちの佇まいように、

長きに渡る沈黙の時間を過ごし、迎え入れた今日の日を。

 

まばゆく見える光の地と、

隠された苦しみの両面からたどる道の狭間で。

 

この世界に多くの幸せと、感謝の思いが満ち溢れますように。

水のように、多くの渇きを癒し、

やがてその力が流れ、繋がり、満ち足りていきますように。

 

あなたが、あなた自身でいられる場所を、

私が私でいたい場所が見つかりますようにと、今日はそんな祈りを捧げます。

 

www.youtube.com

難病にも効果の高いはちみつ+シナモンの万能効果

最短の自然療法を追求し続けている中、

また一つ万病に効能がある、と言われる組み合わせ

「はちみつ」+「シナモン」の情報があったのでリストに加えたいと思います。

はちみつの中でも、このローシドルハニーが最強とのこと。

 

すでに売り切れになっていて手に入らないようですが、

もっとも効能の高い物を集め続けている私にとって、

これも一つの重要なアイテムになってくれるかもしれません。

 

みなさまも是非ご参考にしてくださいね。

 

unussol.shop17.makeshop.jp

奥日光ー湯の森の賢者に勧められて、鹿児島県・知覧特攻平和会館を訪れたこと。

2年ほど前に、奥日光にある旅館「湯の森」のお手伝いをしていたことがありました。

 

旅館の板長さんが若くして素晴らしい日本料理の腕前を持っていて、
このだしの取り方は天才的だ、、と感心しながら、

いろんな話をしているうちに、

この人は素晴らしく深い洞察と見識を持っている賢者であることに気づきました。

 

山奥まで来た甲斐があったな、、と心底思っていた折

私がふと前世で巫女だったことと、

龍神様が守護についてくださっていることなどを話したところ、

鹿児島県にある知覧特攻平和会館に行った方がいいよ。」という言葉をもらい、

そのころからずっと気になる場所として、心に残っていました。

 

www.chiran-tokkou.jp

九州へは大学時代に、屋久島に一人旅をしたきりで

なかなか訪れる機会もない中、

熊本での震災、そのあとも水害が続き、

この悪い連鎖を断ち切ってなんとか解決の糸口を見つけなければ、、

と思った次第にようやく今年の7月に、かなりの無理をしながら

鹿児島→熊本→大分と巡ることができました。

到着してすぐは雨が降ったり止んだりの、不安定な天気の中、知覧特攻平和会館に辿りつき。

 

わかっていたものの、もうその場所が意味することを生前から知っていたような

深い悲しみに包まれて、入って10歩ほどで大号泣で涙が止まらず、

入り口側にある、特攻部隊として突撃し火にまみれて真っ赤に燃えた体を

5人の天女がその魂を救い出す絵画を見てまた、大号泣をして、

 

ここは、なんて辛く悲しい思いの場所なんだと胸が打ちひしがれそうになりました。

 

f:id:worldstandard2020:20160911120655j:plain

 

この絵画をみて、残された遺族は少なからず救われた気持ちになったと

おっしゃられていたとのことでした。

辛く過酷な宿命をになった彼らにとって、この世界はあまりにも悲痛な運命を与えたものでしたが、

次の世界で彼らのその勇気と覚悟は何よりも称えられ

「多くの人を守りたい、愛する人を死なせたくない」

と多くの葛藤のなかで抱いた幾多の思いを心から慰め癒してくれたに違いありません。

 

天界の者たちはきっと、誰よりもその行いに理解と慈しみの心をまとわせて彼らを救ってくれたに違いないと。

私はこの地を訪れて、彼らが伝えたかった想いも感じ取ることができました。

戦争、という大きな目に見える形ではないにせよ、日本とアメリカの関係は常に日本にとって本意なものになっていないと、彼らにとって都合のいいように世界は仕組まれ、回っておりそのことの多くに気づかなければならないと。

日本が本当の豊かさに気づき、失ってきた重要な文化や精神を取り戻すことで、アメリカに対しても、

多くの恩恵を届けることになることを、そのことを諦めてはいけない、注意深く、決して丸め込まれてはいけない、と深い忠告を私に預けてくれたのでした。

 

この出来事は私に取っても、深く刻まれた瞬間となり、彼らがそのことを伝えて欲しい、とそう願っているのを知りつつも、私はこうやって人に伝えることがなかなかできないでいました。

それは、わかっているけれど、とても困難なことであることを、身をもって知っていたからかもしれません。

 

それでも彼らの思いを無駄にはできないし、私もまたこのままでは終われないことを魂が知っている。

そうしてこの2016.9.11にようやく、文章として立ち上げることができたのです。

どうか、多くの人々がこの地を訪れ、その深い悲しみと命の尊さに耳を傾けてくれたらこれ以上のことはないと、心から願っています。